【素材で選ぶ】オススメの結婚指輪の選び方【Marriage Until After】
HOME>ホットトピックス>【素材で選ぶ】オススメの結婚指輪の選び方

永遠の約束

愛するパートナーと結婚することは人生の大きな幸せですよね。そして、その誓いを指輪に込めたいけれど、実際どうやって選んだらいいのと悩んでしまう方の為にオススメの結婚指輪の選び方について解説しています。

結婚指輪は手作りor購入?徹底比較

手作り

二人の好みや思いを込めて手作りしたいという人も多いのではないでしょうか。世界で一つの結婚指輪はいい思い出づくりにもなります。

購入

クオリティーの高い指輪をはめたいという人や指輪にこだわりがないという人には購入がオススメです。しかも、手元に届くのが速いので何かと忙しい結婚準備期間を有効に使うことができます。

指輪交換

変色しないのはプラチナ

結婚指輪によく使われる素材は、プラチナやゴールドですよね。また、ゴールドはイエロー、ピンク、ホワイトと分かれています。これらの素材の中で結婚指輪にオススメなのはどれでしょうか。もちろん本人の好みを優先するのが一番ですが、もしあなたが結婚指輪を肌身離さず身に付けていたいとしたら、ピンクゴールドとホワイトゴールドはあまりオススメできません。この2つの金属は油分や酸素と反応しやすいため、日常生活で変色してしまう恐れがあります。週末だけ付けたり、家では外したりして使うのであれば問題ありませんが、24時間身に付けるのであればプラチナかイエローゴールドがオススメです。また、プラチナは温泉でも変色しませんので、本当に外したくないのであればプラチナが最もオススメと言えます。

ダイヤの有無はどうする

結婚指輪にはダイヤをあしらったものも多いですよね。では、ダイヤは有りか無しかではどちらがオススメなのでしょうか。これについては考え方により変わって来ます。まず、指輪はどうしても日常生活で次第に細かな傷がついて来ます。この傷が気になるようでしたら、ダイヤ有りがオススメです。ダイヤは硬く傷が付きませんので、ダイヤがいくつか並んでいるようなデザインを選べば、ずっと綺麗な指輪が楽しめます。指輪の傷が気にならず、お手入れが楽な方がいいのであれば、ダイヤは無い方がオススメです。ダイヤが付いていない指輪は、ハンドクリームが付いてもまた手を洗えば取れますし、石鹸などでダイヤが曇ることもありません。服に引っかかったり小さい子供を傷付けたりする心配も無く、安心してはめられます。

広告募集中